Brandブランド

1912年アメリカ・グランドラピッツに設立されたスチールケース社は、欧米で圧倒的シェアを誇る世界最大のオフィス家具メーカーです。
スチールケースは、1912年に米国ミシガン州のグランドラピッツ市に創立された世界最大のオフィス家具メーカー。1974年以来、業界トップの地位を保ち続けています。創立以来、約1世紀の間にわたって、革新的な製品を開発し、人々がより効果的に働くことができる環境づくりのためのサポートをつづけています。

Steelcase

働く「人」に焦点をあて、「新しい働き方」をサポート

スチールケースは「人がその能力を最大限に発揮でき、効率的に働ける環境を創造するにはどうすればよいのか?」を考え続けている企業です。仕事のための空間を改善することで、刺激的でクリエイティブな「新しい働き方」が可能になり、個人やグループは活性化していきます。そんな、単に製品を提供するだけではなく、企業の継続的価値を生み出すダイナミックなスペースの創造──それがスチールケースのミッションです。

独自の研究・調査を基に、インスピレーションオフィスを創出

ワークプレイスへの要求を真に理解するために、ユーザーの観察や高度なネットワーク分析を組み合わせた研究・調査をつづけてきました。そうした研究・調査により、イノベーティブな家具が生み出され、更にはスチールケース独自の専門知識が活かされた「インスピレーションオフィス」という手法が生まれました。それは知的創造を活発にし、企業の富を生み出す力をつくり出すワークプレイスを意味します。

「A+F+T」が、柔軟なワークプレイスを実現

スチールケースは、人々の働き方やI Tの進歩を予測し、将来の変化にも対応できる環境の創造に取り組んでいます。つまり、Architecture (建築関連プロダクツ)=A、Furniture (家具)=F、Technology (テクノロジー)=Tの3要素を統合したシームレスでダイナミックなワークプレイスの創造。これは、スチールケースだけが提供できるソリューションです。

スチールケースの革新性は、企業の革新性をも引き出す

業界随一の研究開発費を費やし、人の働き方の進化を目指している企業です。「時代を先取りした革新的なアイディアや製品ソリューションの提供」を実現するために、大学機関、研究所、シンクタンクなどのイノベーターとパートナーシップを組んだり、異業種とのコラボレーションを積極的に行うなど、日々絶え間ない努力をつづけています。

環境保護への責任

「環境を守る」ことは、スチールケース社創業以来の変わらぬ理念です。環境への影響を最小限に抑えるために、継続的な環境保全に取り組んでいます。そのために、設計・製造・物流・使用・廃棄に至る家具のライフサイクルにおいて環境への評価を実施、全工程においてリサイクル素材の使用とリサイクル設計、分別解体、省資源化に配慮しています。

Brand